西中国信用金庫推薦

松琴堂

本州の西の果て、交通や商業の拠点地として栄え賑っていた江戸末期の下関で阿わ雪本舗として誕生しました。
以来、激動の幕末から明治時代、馬関の繁栄、大正ロマンの隆盛、近代日本の昭和、平成、令和と今日に至る150有余年の長い間、皆様のお引立てのもと創業以来の伝統の味に新しい風を吹き込みつつ新時代に向け歩んでおります

※掲載内容は2021年10月1日時点のものです。
商品の販売時期(季節)・価格等につきましては、掲載店のHPなどをご確認ください。
阿わ雪 献上銘菓 阿わ雪
明治の元勲伊藤博文公に「口中で消えゆき感じが春の淡雪をおもわせる」と愛され命名された「阿わ雪」
創業以来155年、一子相伝の製法を守り続けております。
割りたての卵白・厳選した寒天と砂糖だけでできた ふわふわとしながらも、しっかり存在感のある純白の生菓子です。 1,485円(税込)
ゆきごろもゆきごろも
阿わ雪を薄焼きのカステラで巻きごま入りのお砂糖でコーティングした小さな半生菓子。
しゃりっと噛めば、ふわっとした弾力が返ってくる。
こんなの食べたことのない食感。口の中に広がる濃厚な甘さは、あと引かないおいしさです。
薄茶席のお菓子だけでなく カジュアルなシーンで珈琲などのお伴としても喜ばれております。 1,188円(税込)
海峡ノスタルジー海峡ノスタルジー
松琴堂近辺は関門”ノスタルジック”海峡という日本遺産です。
ここのレトロな洋風建築の文化財を山口県産小麦を使った焼き菓子で表現しました。
旧英国領事館は紅茶ぼうろ、山口銀行旧本店は塩ぼうろ、旧秋田商会ビルはくるみぼうろ、旧文字三井倶楽部はバナナぼうろ。
いずれも創業当時からの変わらぬ技で郷愁へと誘います。 1,188円(税込)

ここがオススメ!

慶応創業150年の歴史を持つ老舗和菓子店。
一子相伝の製法により作られる「阿わ雪」は、初代内閣総理大臣の伊藤博文公が命名され、下関を代表する銘菓です。
他にも心を込めた手作りの和菓子が沢山ございます。
是非ご賞味ください。

(西中国信用金庫 唐戸支店)

このページをシェア

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
  • LINEシェアボタン

あなたにお勧めの店舗

    ページトップへ