永和信用金庫推薦

総本家 釣鐘屋本舗

代表銘菓<釣鐘まんじゅう>は、日本最古の宮寺、四天王寺の大梵鐘奉納記念に売り出されたのが始まり。
創業明治33年以来、変わることなく受け継がれたなにわの銘菓<釣鐘まんじゅう>をはじめ、風味ゆたかなバナナ餡の<名代 芭蕉>や<一口かすてら>など、素材にこだわり、手業にこだわった、老舗だけが生み出せる味、風味、香りをお届けいたします。

※掲載内容は2020年11月2日時点のものです。
商品の販売時期(季節)・価格等につきましては、掲載店のHPなどをご確認ください。
釣鐘まんじゅう 釣鐘まんじゅう(3個入り)
 なにわの人々に愛され続ける代表銘菓<釣鐘まんじゅう>は、日本最古の宮寺・四天王寺の大梵鐘に因んで名付けられました。
変わらぬ姿、唯一無二の製造方法、こし餡、かすてら生地のしっとりと優しい味わい、鐘の響きと同じく心にしみこむ美味しさを今に伝えます。 454円(税込)
名代芭蕉名代芭蕉(1本)
 かたちはもちろん風味にまでこだわった、ユニークで遊び心あふれる『名代芭蕉』。風味豊なバナナ餡は北海道産「てぼ豆」を使用。丹念に炊き上げたてぼ豆の皮を除き、丁寧に仕上げました。
口当たりなめらかで ふんわり溶ける優しい味で、なにわの名物として重宝されています。 324円(税込)
一口かすてら一口かすてら(1袋)
熟成の「寝かせ生地」でふんわりと焼き上げ、しっとりして弾力のある歯ごたえ・軽やかな甘さ・心あたたまる懐かしい味をひと袋におさめました。 378円(税込)

信金さんのふるさと店じまん

創業明治33年、今年で創業120年を迎える和菓子の老舗企業であります。主力商品には「釣鐘まんじゅう」「名代芭蕉」「一口かすてら」があります。原料には北海道産十勝産小豆(こしあん)を使用し、創業以来伝統の味を承継しています。
主に百貨店(あべのハルカス近鉄本店・阪神百貨店その他百貨店)において販売しており、その他にGMS(総合スーパー)や生活協同組合やその他一般のスーパーに向けて販売しております。特に今年は120周年を迎えるにあたり、新商品の投入が予定されており、商品構成も充実する事より新たな顧客層の開拓に注力しています。

(永和信用金庫 本店営業部)

このページをシェア

  • Facebookシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
  • LINEシェアボタン

あなたにお勧めの店舗

    ページトップへ