JavaScript使用の設定をオン(ブロック解除)していただければ、より便利に当サイトを利用いただけます。

【特集】世界の料理

いよいよワールドカップ2022が開幕!

世界の舞台で戦う選手たちの雄姿、心待ちにされていた方も多いのではないでしょうか。

ところで、ワールドカップといえば世界規模のワールドワイドな大会。ふるさとはっぴー市場にも、世界にルーツを持つ料理が多数掲載されています。
今回はその中から、ワールドカップ出場国の名産として知られる料理をご紹介します。
ご当地のお店が作る「世界の料理」。各国の食文化に思いを馳せれば、ワールドカップ観戦がもっと楽しくなるかも!

ブラジル

まずは、現在も世界ランク1位をキープする強豪国・ブラジル。
言わずと知れたサッカー大国ですが、ブラジルと聞いて珈琲を連想される方も多いのではないでしょうか。
ふるさとはっぴー市場では、西日本の珈琲屋さんが丹精込めて焙煎した美味しい珈琲を多数ご紹介しています。

 

ドイツ

今年のワールドカップでは、日本と同一グループで戦うことになるドイツ。
そんなドイツの名産といえば、やっぱりソーセージ・ビールの最強タッグ!
今回は、西日本の絶品ソーセージをご紹介します。ドイツ製法の本格派から、西日本産のお肉を使ったご当地ならではのソーセージまで。ビールと一緒にいかがですか?

 

フランス

フランスといえば、格調高いフランス料理を真っ先に思い浮かべる方も多いはず。ですが、大人も子供も大好きなあのお菓子--シュークリームがフランス起源なのはご存知でしょうか。
本場フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼ばれ、外側の生地にあたる「シュー」はフランス語で「キャベツ」を意味するそう。
ここでは、選りすぐりの西日本のご当地シュークリームをご紹介します。

 

韓国

日本では様々な韓国料理が日常的に食されていますが、韓国料理といえばやっぱりキムチは外せませんよね。
栄養満点で保存性に優れたキムチは、もともとは冬を乗り越えるための保存食として食されていたと言われています。
ふるさとはっぴー市場では、本場に勝るとも劣らない本格的なキムチを多数ご紹介しています。

 

ベルギー

前回のワールドカップでは日本とベルギーが死闘を繰り広げ、惜しくも日本が敗退しました。「ロストフの死闘」と呼ばれ、日本人の記憶に刻まれた戦いです。
さて、ベルギーといえば美食の国としても知られ、なかでもチョコレートは王室御用達のスイーツだそう。
ふるさとはっぴー市場にも、ご当地の素敵なチョコレートを多数ご紹介しています。

 

スペイン

今年のワールドカップでは、日本と同一グループで戦うことになるスペイン。
サッカー大国としても有名ですが、彩り豊かなスペイン料理でも有名ですよね。
なかでも有名なのが生ハム。世界3大生ハムの一つである「ハモン・セラーノ」・最高級生ハム「ハモン・イベリコ」はスペインの名産として知られています。
ここでは、こだわり抜かれた西日本のご当地生ハムをご紹介します。

ページトップへ