JavaScript使用の設定をオン(ブロック解除)していただければ、より便利に当サイトを利用いただけます。

冬料理の定番 鍋

寒波到来!・・・なんて天気予報で聞くと、思わず体が縮こまってしまいますよね。

こんな時期だからこそ、「ふるさとはっぴー市場」で紹介する鍋料理の厳選具材で、ほっこりしませんか!?

すき焼き(牛)、てっちり(フグ)、水炊き(鶏)、もつ鍋(牛・豚)、土手鍋(カキ)・・・味覚の秋に負けない冬の鍋をお愉しみください!

あったか鍋

その他の鍋紹介スペースへ移動

すき焼き(牛鍋)

特別な日の鍋として、必ず選択肢に入るのが「すき焼き」でしょう。
みんなが「好き」だから・・・と名づけられたように思いがちですが、実は違うようです。
諸説あるそうですが、有力な説は江戸時代に鍋のかわりに農具である「鋤(すき)」の上で野菜や魚などを焼いて食べていたため、なんだとか。
とはいえ、「好き」な鍋の代表格である「すき焼き」をぜひお召し上がりください!

ふぐ鍋(てっちり)

ことわざに「河豚(ふぐ)は食いたし命は惜しし」と言われますが、食べることを禁止されていた江戸時代には『当たる』と死んでしまうことからふぐは【鉄砲】という隠語で呼ばれ、鍋をあらわす言葉の【ちり】と合わさって「てっちり(ふぐちり)」と呼ばれるようになったそうです。
禁止されても命の危険があっても、愛され続けたふぐ――安全に食べられるようになった今、これを味わわない手はありません!

水炊き(鶏鍋)

水炊きと一口で言っても、関西と福岡で少し作り方が異なるようです。その水炊きの代表格である鶏鍋は、鶏の旨味によって醤油や塩などの調味料を加えなくても、濃厚で味わい深い鍋料理が出来上がります。
食べ終わった後のスープも、ご飯を入れて雑炊にしたり、うどんやちゃんぽん麺を入れて最後まで無駄なく楽しめるのも醍醐味ですね。

もつ鍋(豚・牛)

豚や牛のもつ(ホルモン)をメインの食材として使い、ニラやネギ、トウガラシ等と一緒に煮ることが一般的ですが、最近は具材もバラエティに富んだものになっているようです。
ホルモンは関西弁で「放るもん(捨てるもの)」が語源といわれますが、もつは肉に比べると低カロリーで、肌に潤いを与えるコラーゲンがたっぷり含有されています。
ヘルシーで美容にも良いもつ鍋、是非お試しください!

さまざまな鍋料理

まとめて紹介するのはもったいないくらい、特色ある鍋料理の数々!
カキ鍋(土手鍋)、猪鍋(ボタン鍋)、鴨鍋、うどん鍋、芋炊き・・・各地域の特色ある鍋具材をこの機会にどうぞ!

この他にも美味しい鍋情報を
たくさんご紹介♪

もっと探す
ページトップへ